これだけは事前に確認しておきたいピアノ講師の求人項目

ピアノは子供から年配の方まで人気があり、習い事して広く普及しています。他にも幼稚園や学校の教師などを目指す人が、免許取得のためにピアノを習うことも多くなっています。そのため教える立場のピアノ講師の仕事としてのニーズも高まっています。ピアノ講師になるには特別な資格なども必要ないため、人に教えることができるスキルさえあれば誰でもなることができます。そのため全国各地には様々な教室が開催されることに繋がり、ピアノ講師の求人も幅広く出回るようになっています。自分のピアノのスキルや知識を活かして働くのにおすすめのピアノ講師ですが、働く教室は様々なポイントに注意して選ぶことが大切です。その中でも事前に確認しておきたい項目や、気を付けたい注意点などについて説明します。

求人項目から気になる部分を探す

ピアノ講師の求人情報の中に記入されている情報から、自分に合った職場を探すことになりますが、全ての項目が希望に合っているとは限りません。一番に優先したい項目としては、給与の部分になります。そこから給与に見合った勤務時間であるか、休日の日数などを照らし合わせていきます。また給与が月固定での支給なのか、時給での計算なのかによっても毎月の収入が大きく変わります。月固定の場合は安定した収入の中で勤務することができますが、時給計算の場合は働いてみないとわからないといった心配も出てきます。他にも通勤手当や残業手当、保険や年金の加入など細かな部分もしっかりチェックしておくことが大切です。生徒の数が少ないために収入も少ない、残業手当が出ないといったことが後に発覚しないように、あらかじめ給与の部分は事前に確認しておく必要があります。

希望通りに働けるのかという部分の確認

働くことが決まってしまうと、そこからは様々な部分で雇用主の意見に従うことになります。ピアノというのは芸術の分野ということもあり、人によって表現や感覚が異なる部分でもあります。また指導者という立場になるので、指導方法で個々の違いが出やすいのですが、それを雇用主の考えに合わせて従うことができるかどうかといった点が今後重要になります。自分の中でピアノに対してここだけは譲れないといった考えや感覚がある場合は、応募の際に確認しておくようにします。また指導方法についての勉強のため教材の購入などを促される教室もあります。そういった教材が支給品なのか、個人での購入になってしまうのか、また研修や学習会が行われる場合は勤務に含まれるのかといった部分もあらかじめわかっている場合は事前に確認しておきます。