ピアノ講師の求人の大事なチェックポイント

ピアノ講師求人を探すときは、雇用の形態に注意しましょう。正社員とアルバイト・パートの2つがありますが、前者の方が安定した収入を得られます。後者は前者にくらべて、時間に縛られずに働くことができます。まれに契約社員という形を取ることがあります。時期が来たら、その仕事は終わりになります。ブランクのある方に向いた働き方です。年齢制限にも注目しましょう。ピアノ講師の仕事は若い人の方が採用されやすいです。40代以上の方だったら、経験者を優遇する求人を探しましょう。ピアノ講師の求人の場合は、採用の時に実技の試験がある場合があります。実技の試験を受けるときは、しっかりとした準備が必要になります。求人を見つけて、実技試験があることが分かったら、その準備をすぐ始めましょう。

まずパートの講師の仕事を見つけよう

ピアノ講師の正社員の仕事を探すのは簡単ではありません。東京のような都市部でも、募集が少ないことがあります。この仕事を探す時は正社員の仕事にこだわらずに、パートやアルバイトの仕事を探してみましょう。パートやアルバイトして働いた場合の報酬は時給1500円前後です。普通のパートよりは高いので、働く時間を増やせばある程度まとまった収入になります。正社員の仕事の場合は、幼稚園や楽器店で働くものがあります。そのような仕事を探すときは、仕事の内容に注意しましょう。ピアノ講師の仕事以外を担当しなければならないことがあります。例えば、保育園だったら、子供の保育の仕事をします。申し込む前に仕事の内容をよく確認しましょう。正社員として働いた場合の報酬は、月収で20万円前後です。

自分が働きやすい職場を見つけよう

一口にピアノ講師と言っても、いろいろな仕事があります。その中で自分に一番合ったものを選ぶ必要があります。仕事を探し始める前に、自分の希望する条件をはっきり決めておきましょう。給料、休みの数、残業の有無など、自分が一番重視する条件を決めておくのです。それを決めておけば、迷わずに仕事を探せるようになります。パートやアルバイトの仕事が多いので、特に給料にはこだわりましょう。給料が極端に少ないと、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。都市部だったら、最低でも時給1500円程度、地方だったら1000円程度のところを選びましょう。この仕事の場合は土・日も勤務のある場合があります。週末に休みたかったら、土日の仕事は最初から求められていないところを選んだ方が後で後悔しません。