人気があるピアノ講師の求人について解説します

小さい頃に通っていた、憧れた人も多いピアノの先生。特技を生かして働けるうえに、長く続ければ続けるほど実績を増やすことができます。教えた生徒さんが活躍すればするほど、口コミで評判が広がって新しい生徒さんが増えるのは、教える側として嬉しいことです。そんな素敵な仕事に就いてみたいと思ったことはありませんか。教えることの楽しさや、生徒さんたちとの交流など、長く勤務すればするほど、心温まるエピソードが増えることもあるでしょう。実際にピアノ講師として働くうえで、必要なスキルはピアノが弾けることだけではありません。具体的にどのようなスキルがあれば良いのかも含めて、ご紹介します。憧れだった仕事を「憧れ」で終わらせないためにも、挑戦してみてはいかがでしょうか。

ピアノ講師として必要なスキルとは?

ピアノ講師をするのであれば、絶対必要なのはピアノが弾けること。これは当たり前ですね。実際に教えた経験があれば良いですが、経験がなくてもアピールポイントを作っておくと良いです。たとえば音大を出ていてコンクールでの入賞経験があること、コンクールとまではいかなくても、音大でピアノを専攻していたなど。音大を出ていなくてもピアノに関することでPRできる内容があると応募するときに役立つでしょう。長年にわたってピアノを続けていたことや、今でも毎日欠かさずに弾いているなど、できるだけ具体的に伝えられるようにしておくことです。なんとなく「続けています」よりも「何年間です」と言えるようにしておくと、技術的な面ではどの程度なのか、採用担当者も把握しやすくなるでしょう。

スキルアップを念頭に応募してみましょう

求人に応募するからには、採用する側が「ぜひ」と思えるようなアピールをしたいものです。ピアノ講師はピアノが弾けて、教えられる人ですが、子供が好きであったり、教えた実績があればベターです。教える相手は子供に限定しなくても大丈夫。最近は大人が何かのイベントでピアノを弾きたいと考えたり、今までピアノにさわったこともなかった人が「弾いてみたい」と思うこともあります。求人をよく見て、対象者を確認してみてください。対象となっている年齢の人にピアノを通して接したことがあれば、アピールの仕方次第で有利になるでしょう。たいていの求人は長く働いてくれることを求めているため、ただ働くだけでなく、自分ならどんな工夫をするのかを伝えてみると良いです。常にスキルアップを念頭に置いて働く、そんな講師は教えてもらう側にとっても理想的な先生です。