ピアノ講師の求人で必ず見ておきたい項目

ピアノ講師として働く場所として最も多いのがピアノ教室や音楽教室です。音大を出た人がピアノ講師として働くことが多いです。日本では音楽だけで生計を立てていくのが難しいという現状があります。そのため一般企業に就職する人が多いです。高収入を期待するので有ればピアノ講師だけでは不十分です。ピアノ講師はピアノを専攻した人だけでなく、他の楽器、声楽、作曲を勉強した人も講師となっています。音楽教室の求人は春に多い傾向があります。それ以外は欠員が出たときに随時求人募集しています。ピアノ講師になりたければ、音楽教室やピアノ教室のホームページをこまめにチェックしておく方がいいでしょう。音楽教室によって求めるレベルが異なります。求めるレベルが詳しく記載されていなかったら、メールや電話で確認したほうがいいです。

リトミック専門の講師もいるピアノ講師

ピアノ講師の大半は幼年期から音楽教育を受け、音楽大学、短大で演奏技術を学んだ人がなるのが一般的です。日本では近年こどもだけでなく大人でもピアノを習う人が増えています。子供だけでなく大人への指導方法も身に着ける必要があります。リトミックを専門に教える講師もいます。リトミックとはスイスの音楽教育家が開発した音楽教育の手法です。幼児教育や障害児教育にも取り入れられています。リトミック教育は大手の音楽教室でも取り入れられています。リトミック教育の効果としては心と身体のバランスが整う、コミュニケーション能力と社会性が身につく、集中力が身につくなどと言われています。音楽教室だけでなく、幼児教室でもピアノ講師を募集することもあります。そのため、幼児教室の求人募集もこまめにチェックしておくほうがいいでしょう。

大手の音楽教室の給料が高いとは限らない

大手の音楽教室が必ずしも給料が高いというわけではありません。小さな音楽教室やピアノ教室の方が給料は高くなることがあります。これは大手の音楽教室、楽器店がマージンを多くとることによって起こります。大手に限らず小さな音楽教室の求人も探してみることをおすすめします。また雇用されるだけでなく、自分で開業してピアノ講師として働く人も数多くいますこの場合は自分でスケジュール管理ができるのが魅力です。大手の音楽教室でも正社員募集はほとんどありません。そして、多くの受講生を獲得することで給料が上がるシステムになっています。ピアノ講師として給料を上げたいと思ったら、多くの受講生を獲得する必要があります。自宅で開業する場合は、大手の音楽教室のようにマージンは取られませんので、月謝がそのまま収入となります。ただしボーナスはないため、一般企業のOLよりは給料は低いようです。